03-5714-0774 平日9:00~18:00
テンポスジョブ TOPお知らせ > 【 ☆飲食業界 東南アジア進出レポート☆ 】

【 ☆飲食業界 東南アジア進出レポート☆ 】

こんにちは。

テンポスジョブスタッフの平島です。

 

今日は、『飲食店 タイ進出レポ―ト』という事で、飲食店の海外進出について お伝えします!

日本食が世界的に空前のブームを巻き起こしているのは 皆さんいうまでもなくご存じの通りだと思います。

 

Thai.jpg

 

中間富裕層約1000万人を持つタイ・バンコクは多くの日本企業が海外出店地として注目している都市のひとつです。

そんな中、タイに2店舗を構え、タイ人の心を掴んでいる「目利きの銀次」経営母体のみたのクリエイト様に話を伺うことができました。

 

Q.海外出店をするに於いて特に苦労した点はどのような点ですか?  

 【対サプライヤーに対して】  

 『新規出店であった私たちは食材をどこから仕入れたらよいのか、それを探すすべがありませんでした。

インターネットや前情報で調べておき、その食品業者に直接交渉しにいきます。   

 

また、現金払いじゃないとやらないという会社もあったり、日本人担当がいないこともざらで、話をするのもとても大変でした。   

情報が無い中、現地の飲食店に行き、カタコトの現地語でどこから仕入れているかを聞き出して、コンタクトを取ることも多くありました。  

 

いざ取引が始まったあとも、時間通りに来ない、オーダーしたものをもってこない、品切れはしょっちゅうと、問題は山積みで、何度も何度もこちらの意向を伝えていく作業にも  

苦労をしました。  

 

【対スタッフに対して】  

 スタッフ採用をする中で、労働に対しての意識の違いが大きく、困惑しました。  

日本だとまだまだ「働かせてもらう」という意識が強く、面接時は会社がスタッフを選ぶというスタンスだと思いますが、タイの労働市場においては飲食店の職場というのは腐るほどあるため全然違います。  

応募者は「こういう事はやりたくない」という主張をしっかりとしてきます。  

コミュニケーションも大変ですが、タイの人たちは一度ファミリーになると理解しようと積極的に努力してくれます。  

 

【設備に対して】  

居ぬき物件を借りたのですが、これには参りました・・・。  ラッキーにも厨房設備を安価で譲り受けることができたのですが、オープン3か月もたず、ほとんどが見事に壊れてしまいました。  冷蔵庫、冷凍庫、パソコン、モニター、クーラー・・・  後でわかったのはメンテナンスがめちゃくちゃだったという事です。  

 

別メーカーの部品が取り付けてあるし、最初は冷蔵庫だった機械を冷凍庫にして、また冷蔵庫にして・・  のような事も当たり前に行われています。

 

 

みたのクリエイト マネジングディレクターの相良さん、本当に貴重なお話を有難うございました。

日本国内での出店も、融資、内装工事業者、リースや仕入れ、物件取得と思わぬアクシデントが潜んでいる中、

海外の出店ともなるとその苦労は計り知れません・・・!

 

しかし、苦労も大きい分、成功したときの達成感も大きいといいます。

 

次回予告>>>

2015年、開業した店舗の5割以上が1年間に閉店に至るというわれるタイで、大成功をおさめている、みたのクリエイトさんの成功の秘訣

を独占取材いたしました!

 

乞うご期待!

 

 ginji.jpg

求職登録
↓厳選!繁盛店求人を続々更新中!
『いいね!』で"ねらい目求人"をチェック!↓
Facebook公式サイトはこちらから


飲食店のためのフリーマガジン『Smiler-スマイラー-』
飲食店のためのフリーマガジン
厨房用品販売のテンポス
ネットでも購入可能
厨房機器の買取なら
店舗へ集客希望なら
飲食店覆面調査の事なら