03-5714-0774 平日9:00~18:00
テンポスジョブ TOPお知らせ > 2018年より法改正!パート主婦の【150万の壁】とは

2018年より法改正!パート主婦の【150万の壁】とは

こんにちは!テンポスジョブスタッフの森泉です。


今回はこれからパートで働こうとお考えの方にぜひ読んでもらいたい扶養控除の話題です。

 

0c08fcc186021c1c3d220917c20c6269_s.jpg

 

 

 

簡単に扶養控除とは…


扶養している配偶者(妻)がいる場合、収入の多い方(夫)の税金を安くできるというものです。

 

妻の年収が103万以下の場合は、夫の所得から最大で38万円が控除されるので、

多くの主婦はこの控除を受けるために意図的に働く時間を抑え、パート収入が年収103万を超えないように調整していました。

 

 

年収103万までは所得税もかからないので、働いた分がまるまる手取りになるという事ですね。

 

妻の収入が103万を超えると所得税を支払う必要があり、配偶者控除も配偶者特別控除に切り替わり、段階的に控除枠が縮小されます。

これが「103万の壁」と呼ばれていたものです。


低い方の収入があがると家庭全体では損になる仕組みであるため、女性が仕事を控える原因となると問題視されていました。

 

 

この配偶者控除制度が平成30年度から大きく改正されました!!

 


改正点は大きく3つ

① 夫が配偶者控除額38万円を適用できる妻の収入が150万円以内に拡大された



② 配偶者控除を受けることができる夫の所得が1,000万以下(額面収入1,220万円以下)に限定された



③ 変更の時期は、所得税については平成30年度(2018年1月1日以降)より適用



今回お伝えしたい150万の壁とは、配偶者控除の満額を受ける事のできる妻の収入が103万から150万まで引き上げられたという事です。

 


150万を超えると控除が全くなくなるわけではなく、段階的に控除額が少なくなりますが201万までは配偶者特別控除として控除を受けられるようになりました。

 

また、夫(世帯主)の給与収入が1220万を超える場合、たとえ妻が専業主婦だとしても控除枠は0になります。


今までは年収に関わらず全世帯で配偶者控除が受けられましたが、今回の改正で高収入の家庭では控除枠が縮小され、実質的な増税になったと言えます。

 


なかなか複雑ですね~~。

 


今回の改正でメリットを受ける人とは、 夫が高所得でない場合、働く時間を増やせるパート主婦の世帯です。

今まで103万に収まるように調整していた家庭も、シフトを増やしても150万までは配偶者控除は変わらないということになります。

 


しかし!

 

ここまでお話したのはあくまで、税制の配偶者控除でのお話。 パートで働くうえで気を付けなければいけない事はこれだけではありません。

実は150万の壁の前に、130万の壁と呼ばれる社会保険料の壁が存在しているのです。

 


妻のパート収入が130万円(既定の条件を満たす大企業の場合は106万円)を超えるとたとえパートであっても社会保険に加入する必要があります。

 


パート勤務先に非正規でも加入できる社会保険があり自身で保険料を払うことになると、一見手取りのお給料は減ってしまいますが、

保険料は雇用主と折半なので割安になり、老後の基礎年金に加えて厚生年金も受け取ることができます。

 

扶養から外れて働くことも長い目で見ればメリットとなりますね。

 

 

 

79857a1193685112791775c6883a8761_s.jpg

 


ただ、注意してほしいのはご主人の収入や就労形態、ご自身のパート先の企業規模に等条件は様々です。

 

 

仕組みをきちんと理解し、ご自身のライフプランと照らし合わせたときにどの選択がより良いのかしっかりご家庭で話し合うことが大事なように思います。

 


社会保険の壁を今後どうしていくかなど課題が残されている為、本制度はさらに改正される可能性があると言われています。

日々にの生活に直接影響を与える制度です。今後も注目していきましょう~!


btn.png


moriizzumi.jpg

 

T.moriizumi

 

新米ママです!食べるのも飲むのも大好き!

手抜きと時短も大好き♡